まとめブログでクリックすると変なページが開く現象について

私だけならいいんですけど、まとめブログ読んでてこういう画面見たこと事ありません?

snapcrab_noname_2016-12-15_11-45-50_no-00snapcrab_noname_2016-12-15_11-48-3_no-00

こんな画面が別ウィンドウで開くんですが。

見たことある方(というかこれが表示されるブログを読む方)は、
そのサイトで読み込んでるスクリプトをブロックしましょう

原因っぽいのと対策は以下。

 

過去に何回かフォント周りの記事を書きましたが、今回は別の話。

やる夫系まとめブログでは各環境の差異を無くすためにAA用フォントが使われてるところが多いです。今だと「saitamaar」とかでしょうか。
で、過去に「Textar Font」ってところで配布されてたAA用フォントが設定されているブログがあります。
これの配布サイトが消えておりまして、もう元のスクリプトを読み込めないんですね。
サイトが消えたというか、サイトのドメイン「textar.tv」の契約が切れて売りに出されてる状態っぽいんですが。

 

で、本来AAフォントを読み込む筈のスクリプトが、広告ページ開く様に書き換えられてます。

if (typeof _popwnd == 'undefined') {
    var _popwnd = -1;
    function _popwnd_open(){
        if (_popwnd!=-1) return;
        _popwnd = window.open('http://findbetterresults.com/?dn=textar.tv&pid=9PO755G95', '_blank', '');
        _popwnd.blur();
        window.focus();
    }
};
window.addEventListener('click', _popwnd_open);

クリックしたタイミングでwindow.openしちゃってますね…関係ないサイトに飛んでますね…

どうも去年の9月時点では既に使えなくなっていた模様。
多分表示がおかしくなってるのに読者なり管理者の方なりが気がついたら切り替えたり対処があるはずなので、去年のその時期からこの手の表示がされてるサイトでこのフォント使ってたとこでは現象が起きるんじゃないでしょうか。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロック方法ですが、AdBlockなら「オプション」の中の「自作フィルタを追加」を開き、
「http://font.textar.tv/webfont.js」を追加して下さい。

 

しかし放置ドメインに広告仕込まれてたり、メンテされないブログでこういった問題起きたり、ネットの闇を見ている気分ですよね…。
スクリプトは自分のサーバに落としてきて読み込むのが気分的に安心ですね…。メンテ情報とかは自分で気にしないといけないですが


読んだ短編作品「時間を、重ねてください」紹介

タイトルを一見した時の不思議さが私を誘っていたのです。

ああ…良い…良いぞ…
短編の魅力ってのはこれだよ!

 

時間を、重ねてください


恋愛ものの短編の紹介。
妖怪と人間のやりとりがツボ。というか全て二人の会話で済みますが。
恋愛ものはなぜこう衝動的に勧めたくなるのか。

 

こちらでまとめられております。

 

長編のやる夫とレミリアは空に浮かぶようです の方も是非。


読んだ作品「できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです」紹介

グルメ系からこの作品を紹介。
いつか紹介した気もするけど全部原作がAmazon プライムビデオで揃ってるせいなんだ!
 

できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです

できない夫はまた異世界で孤独にグルメを楽しむようです

 

時間や社会に囚われず幸福に空腹を満たすとき、
つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる

孤独のグルメを原作とし、主人公があちこちへ行ってグルメを楽しむ話。
やる夫作品の強みを活かし「ポータルゲート」を介して「他作品世界」のグルメを楽しみに行くというなんとも楽しい作品。

Falloutに行き、サタスペに行き、ネオサイタマに行き、Elonaに行き。
あちこちの世界の物品を扱いつつ立ち寄る店で食べるグルメ、グルメ、グルメ。
ファンタジー世界の定番(?)ドラゴン肉から、ヌカ・コーラを飲んだり、金魚草の刺し身、お菓子の国に行ったりイギリスでカレーパン食べたり、ときそば、おでん、カニサラダ、シチュー、スシ、花粉団子、etc.etc.

フリーゲームを主として漫画・ゲーム世界の「気になってたあのメニュー」みたいなのを食べまくる。各世界へ行くためその多彩さもありますが、導入とかも毎回違って飽きません。

腹減ること間違い無し。

 

両作ともこちらでまとめられております。


読んだ作品「アイあんこマン」紹介

あんこで完結済みの作品からこちらを紹介。

 

アイあんこマン

ヤラナイオ・スタークは会社社長である!
今日も荒野で爆弾の破片を胸に受けて拉致られるのだ!

「当面、君の目標は邪神を倒す事だ!」

「そういうのはアヴェンジャーズでやれ」

「お前がアヴェンジャーズになるんだよ!」

 

アイアンマンをあんこでやる、そんなスレ。
マーベルとクトゥルフの親和性に驚く。

9話なのに丸々一本映画を見たような満足感はマーベルとニトロプラスを邪神合体させたような濃度だからでしょうか。
主人公がまた格好いいんですよ終盤にかけて。

熱さと笑いとコンパクトさを兼ね備えてて非常にオススメの一作。

 

こちらでまとめられております。


読んだ作品「【R-18】あんこ・オブ・ザ・デッド」紹介

最近完結した作品を紹介。


あんこ・オブ・ザ・デッド

ウイルスに感染した者達から逃げる王道ジャンル。
ただし襲われた者がゾンビではなく……オタクになるという点を除いては。

 

でも読みきった後では、よくあんこでここまでまとめられたなあ、という感想。
ある程度制御できるあんこですが、その辺の塩梅もうまい具合だなあと。
女の子とゾンビパニック物→重厚SFに変わっていくという。
夜中読んでて震えましたとも。

ダイスできまったオタクになってしまうという設定もすごい。
アニメを流しておけばそちらに気を取られる等、普通のゾンビものとはまた違ったテイスト。
かといって襲われる恐怖がなくなるわけではなく、むしろどこか無機質に感染していく様は虫だとか宇宙人のような理解できない怖さを含んでいて良い。ゾンビが人を襲うのはどこかに「そういうものなんだ」という認識がありますが、ではオタクが人を襲うのは何故か?どう動くのか?何に釣られるのか?深夜に何をしているのか? そういった生態が謎としてあり、それを解明していく面白さがあります。

完走後の感想を読むと色々オススメSF作品が挙がっててそれを読むのもいいですね。

 

こちらでまとめられております。

 

 


読んだ作品「やらない夫先生の次回作にご期待ください」紹介

ホラー作品を紹介。

クトゥルフ系とかは割とねっとり後を引くビターなエンドになりがち(偏見)になるのであんまりオススメしてないんですがこちらを紹介。
もう一個クトゥルフ周りで紹介したい作品があるのでそちらはまた今度に。

 

やらない夫先生の次回作にご期待ください

連載していたシリーズが打ち切りになった小説家。
今後に悩む彼は一本の電話を受け、疎遠だった父の死を知る。
ある日突然豹変したという父の家に、彼は一晩泊まることになるが……
彼の次回作は? 乞うご期待。

もうお手本のようなホラーの導入。

あー、これやばいやつだ、やばいってこれ……でも気になって見ちゃうという心理。
暗闇、静寂、閉所、夜、そして未知。人外の知識に足を踏み入れていくのが止められない恐怖。
染み出していく狂気がなんとも言えません。

映画一本くらいの濃さ。
ゾンビより怖いですよねこういうのは。

どんな結末になるか是非、やらない夫先生の次回作にご期待ください

 


読んだ作品「お前、私にラブレターを書け」紹介

やる夫短編集 阿修羅編様から、
短編でストレートにグッときたやつをご紹介。

「岩崎みなみはコーディネーターのようです」の◆tdlWCN1EErey様の作品。

 

お前、私にラブレターを書け

 

いやあ、これは是非読んでほしい短編です。
このニヤニヤを共有しよう。
これはニヤニヤするぞ。
タイトルでの掴みが抜群だと思います。

メインが纏流子なのもいい。
黒髪黒制服で容量大きめですが可愛いAA結構あるんですよね。


言い過ぎると楽しみがなくなっちゃうので短めの紹介。
あんまり見ない女の子達の組み合わせで新鮮な印象でした。

この面子のやりとりがもっと見たいような、短編だからこそいいのか。この辺は悩ましいところですね。

是非是非。

こちらでまとめられております


読んでる作品「ドクオは人類を滅ぼすようです」紹介

たまには現行で読んでるものをご紹介。

以前、前シリーズ3作は紹介しましたが今回はこちら。

 

ドクオは人類を滅ぼすようです

現代で仏師見習いの主人公に訪れた、唐突な日常の終わり。
巨大な龍が彼の知る人も街も薙ぎはらう、全ての終わりの光景だった。
彼はその果てに「魔王」を名乗る女の子に「魔神」として呼び出される。
彼は選ばなければならない。「人間」と「亜人」が居る、この世界で。

「人間」と「亜人」どちらかを滅ぼさなければならない。

という感じの序盤導入。
人間や亜人がいて、変な生物とかいて、超古代の遺産とかあって、魔法もあって、奴隷も買えて、冒険(クエスト)も出される普通のファンタジー世界なんですよ。導入時点では。なので読み始めるにあたってハードルもないです。前シリーズとの繋がりもない新作ですのでご安心。

簡単に言えば
「冒険者を雇って仕事こなしつつ」
「世界の謎や真理に近づきつつ」
「ダイスに翻弄されて大爆発起こす」
というお話。
お仕事(クエスト)はお金とか人員とかとにらめっこの運営システム的楽しさ、
設定や過去が明らかになっていき世界観を紐解くストーリー的楽しさ、
そしてダイスでグワーッってなったりする参加している時の楽しさが同居してるスレです。

詳しくはまた以下。

 

(さらに…)


続きを読む

読んだ作品「やらない子と学ぶバスケ分裂問題」紹介

珍しく学ぶ系を紹介。

 

やらない子と学ぶバスケ分裂問題

日本のバスケ界隈の話。ウソのようなホントの話。
「どうしてこうなった!」 と思うと同時に「ああ…凄い日本してる」という納得感とかもやもやが湧いてくるお話。実話なんですよねえ……。この辺、AAにより大分緩和されてますが。


部活でだいたいあって身近な「バスケットボール」という競技。
そもそも日本のバスケのリーグって? という普通の質問から、現状に至るまでとその問題点、今後どうなってくかまでを丁寧に書いてます。

聞き手が”バスケといえば黒子”というスタンスのやらない子ってことで、何も知らない側から楽しめます。何より、やらない子のコロコロ変わるリアクションが後ろ向きな説明で暗くなるのを緩和してます。手のひら返し過ぎて手首がボロボロ。
やらない子に毒されたのか新リーグの仮称がJPBLのBLに反応してしまうように。JPのBLか…。 この辺の名称については下にある補足のまとめでオチが付いております。



これが書かれてた頃はまだどうなるか未定の状態だったんですが、いよいよ来週22日、新リーグの開幕戦のようです。経緯たどると「よくここまで来たなあ」って感じで見方が変わるかも。


こちらで まとめられております。

泳ぐやる夫シアター様には補足もまとめられてましたのでこちらも是非。→ 補足


読んだ作品「モスクワ2160」紹介

近未来のサイバーパンクものという供給の少ない世界感のあんこ作品紹介。

 

モスクワ2160

ゴブスレのKUMOさん(◆CoNaNQHQik)の完結作品。

2160年まで冷戦継続中のソ連を舞台にしたロシアンサイバーパンク。
サイバネが一般化した世界で「生身」「一流」「フリーランス 」「銃使い」というピンポイントな主人公を作り上げるダイス。馴染みの娼婦だとかその辺りの設定が脇を固めていく。殺伐世界。


あっちこっちの組織から一流として使われながら資金を貯めるのが目標。
主人公が良く見るモブ兵AA(MGS3で見る顔隠したあれ)な辺りまた渋い。
あんこで設定がちゃんと固まってくのは見ててたのしいですね。
ロシア舞台とか読んだこと無かったので雰囲気に飲まれます。

 

こういうのは中編になるのかな…ミッションごとに区切ると連作短編っぽい感じも。
最終的にどうなるかは伏せるとして、割とコンパクトにまとまった作品です。


あんこのハラハラ感は相変わらず凄い。ダイス神頼み。
読後感は乾杯したくなる感じでしょうか。
暖かい感じで非常に好み。

 

こちらで まとめられております。